• NEW
  • 限定品
商品コード:
1010143907010

銀雅堂×日比谷花壇 小さな水盤 雫影(しずか) 蓮のプリザーブドフラワーセット

販売価格:
7,938 円(税込み)
日比谷花壇が当店のために叶えた、世界初、蓮のプリザーブドフラワー。
その高貴な美しさを、鋳造美に乗せて。
  • ギフト包装:
数量:

日比谷花壇が当店のために叶えた、世界初、蓮のプリザーブドフラワー。
その高貴な美しさを、鋳造美に乗せて。

葉脈がみずみずしく浮き上がる
※商品はこの形でお届けいたします

泥中に根を降ろしながらも清らかに咲きほこることから、太古より浄心の象徴とされる蓮の花。一日花として知られる蓮の儚い美しさを数シーズンお楽しみいただけるよう、世界で初めてプリザーブドフラワーにしました。

プリザーブドフラワーは、生花から水分を抜いて色づけされるので、生花の鮮やかそのままに長持ちします。蓮のプリザーブド加工は非常に難しく、その技術を牽引してきた日比谷花壇の協力により実現しました。

葉の緑は表裏の対比が鮮やかで、つぼみは繊細で美しいグラデーション。いずれも葉脈がみずみずしく浮きあがり、まるで生花そのまま。それでいて長持ちします。
このお花を、富山・高岡の職人が砂型鋳物で作る花器に合わせました。


 

アルミ製なので割れにくく、全面水洗いができるので、手入れも簡単

日本庭園をイメージして、砂型鋳物で作られた花器。剣山付きの水盤で、季節の花や枝をカットして、ぐっと差し込むだけで、簡単に生けることができます。

花瓶のように場所を取ることもなく、また大ぶりの花でなくとも、草花をそのまま生けるだけでも見栄えよくきまります。
幅30cmの長方形で、玄関やリビングにさりげなく置けるサイズ。まるで箱庭のように、自分だけの世界観を作ることができます。

いぶしたような銀鼠色の鋳肌には波紋がデザインされていて、水をはり、花びらを浮かべても風情がただよいます。

和風のシックな草花や、洋風の大輪咲きの花、どちらでも合うデザイン。今回は蓮と一緒にお届けしますが、その日の気分によって、道ばたに咲いた野花や、お花屋さんで見つけたお気に入りの一輪を生けてみてください。


さまざまなアレンジメントが楽しめる

【日比谷花壇シニアデザイナー 来本曜代さんによるアレンジメント例とインタビュー】
水盤の剣山は見えても良いものなので、剣山に留めずとも、お花を置くだけでもOK。蓮は、葉脈が美しく出ているので、それを生かす置き方をしてみました。
蓮を外して、生花を生けるときも、この水盤の形なら色々と挑戦できますね。茎が長いお花はスタイリッシュに、小さなお花を重ねるとカジュアルな雰囲気になります。

すっきりまとめるコツとしては、背の高いお花は、三角形のバランスを意識してみてください。例えば「4」は、水盤の左側、アンスリウムの仏炎苞、根に指したベビーリーフが不等辺三角形を結ぶように配置しています。飾る場所は、玄関や、壁に面したチェストなどがおすすめ。ガーベラやカラーなど、個性的かつ肉厚なお花だとシックに決まります。
対してローテーブルや食卓のお花は、小さくまとめたほうがバランスが取れます。「3」のように、数種類のお花を重ねたり、実や小花をアクセントに使えば、元気な印象になりますよね。

この水盤は、砂型鋳造ならではの味わい深いザラザラ感が魅力。花や葉は、対抗するようなツヤ感があるものが映えますね。お正月の時期は菊を入れたり、季節感のある花を取り入れるのもおすすめです。

 

アレンジメント例はイメージです。お花は商品に付属しません。

1カラー(ブラックアイビューティー)/ゴムの木

2菊(スプレーマム)/エメラルドウェーブ

 

 

3シンビジウム/アンスリウム/プルモサス

4アンスリウム/ベビーリーフ


水盤を作るのは、富山県・高岡市のナガエ

銅器の町、富山県高岡市。加賀百万石の時代、加賀藩の二代藩主・前田利長が高岡城を築いた折に、七人の鋳物師を招いて鍋釜や農具を作らせ、銅器作りを奨励したことから始まったと言われています。
以来400年以上にわたり、国内屈指の銅器産地として職人を育ててきました。その匠の技と、独特の銅器の質感を活かし、鋳造仏像においても国内随一の産地を誇っています。

工業製品だけではなく、美術工芸品や建築造形物まで製作する株式会社ナガエは 「ART×TECHNO」をポリシーに、職人の技と現代のデザインを掛け合わせた商品を生み出してきました。

 


朝日新聞SHOPだけのデザイン

伝統技法による匠の手仕上げで、一点一点色をつけている

今回は、心安らぐインテリアとして、水盤の上にご本尊を合わせる、朝日新聞SHOPだけのデザインを提案いたします。

古くから蓮と仏は一体のもの。蓮のプリザーブドにあわせ、生まれ年の干支で異なる八体仏のモチーフが人気の「十二支のお守本尊」を合わせました。

お顔の細部、持物に至るまで精巧に作り抜き、朝日新聞SHOPのなかで長年ロングセラーとなるほどの人気を集めたお守本尊。水盤と同じ、ナガエで製作しています。

同じ産地の職人がつくる水盤とあわせると、砂型のあらあらしさをいかした、無機質な美しさを持つ水盤を足もとに、手のひらサイズの細密な鋳造アートが溶け込みます。ご覧の通りの清らかな世界観ができあがりました。

ご注意下さい

  • 蓮の特性上、葉や花は写真とサイズが異なる場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 生花のアレンジメント例はイメージです。お花は商品に付属しません。

商品仕様

  • 【水盤】
  • ●サイズ/幅30×高さ3.4×奥行き6cm
  • ●重さ/400g
  • ●素材/アルミ(砂型鋳造)
  • ●仕上げ/アクリル焼付塗装仕上げ
  • ●付属品/剣山、取扱説明書
  • ●日本製
  • 【蓮】
  • ●日本製

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

10,800円以上のご注文で送料無料

すべての商品を見る