• 会員割引対象外
  • NEW
商品コード:
1120181102010

ムンク展―共鳴する魂の叫び〈特装版〉

販売価格:
8,800 円(税込み)
限定【ムンクの版画作品の額絵7点付き、化粧箱入り】
巨匠ムンクの芸術に迫る決定版

当SHOP入荷分は売り切れました。次回入荷の予定は未定です
申し訳ございませんが、只今品切れ中です。

限定【ムンク版画作品の額絵7点付き、化粧箱入り】巨匠ムンクの芸術に迫る決定版

【限定】ムンク額絵7点付き

普及版よりも豪華な装丁の図録(普及版と中身は同じ)に、名作≪星月夜≫の画像をあしらった化粧箱、一枚ずつ飾って楽しめる版画の額絵7点が付いた特装版。500部限定の販売となります。

世界で最もよく知られる名画の一つ《叫び》を描いた西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク(1863-1944)。本書はノルウェーを代表する画家ムンクの約60年におよぶ画業をたどる大回顧展の展覧会図録です。上野の東京都美術館で2018年10月27日から2019年1月20日まで開催される本展は、オスロ市立ムンク美術館が誇る世界最大のコレクションを中心に、約60点の油彩画に版画などを加えた約100点を展示します。

複数描かれた「叫び」のうち、オスロ市立ムンク美術館が所蔵するテンペラ・油彩画の《叫び》は今回が待望の初来日となります。愛や絶望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、ムンクの描きだした絵画は20世紀における表現主義の潮流の先駆けにもなりました。

日本ではおよそ10年ぶりの開催となるこのムンク展公式図録は、オスロ市立ムンク美術館と日本側主催者との共同執筆・編集で制作されました。出展される《叫び》を含むすべての作品を所載した全230ページの構成、図版はオールカラーで個々の作品解説も収録します。また、オスロ市立ムンク美術館のコレクション・展示部長であるヨン=オーヴェ・スタイハウグ氏のエッセーのほか、詳細な年譜や参考文献、ゆかりの地を現地写真と共に紹介する特集ページも掲載しています。展覧会の思い出に、また愛蔵版としても、ムンク芸術の心髄に迫る決定版の一冊です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


カタログ内容

  • 【2018年発行 版画作品の額絵7枚付き 本体A4変形 290×225mm 全230ページ 化粧函入り】
  • 芸術的な力と絶え間ないドラマ_ヨン=オーヴェ・スタイハウグ(オスロ市立ムンク美術館 コレクション・展示部長)
  • 生命に刻むリズム―ムンク芸術におけるヴァリエーションとシークエンスをめぐって_水田有子(公益財団法人東京都歴史文化財団 学芸員)
  • ▼図版カラー頁▼
  • 1章 ムンクとは誰か
  • 2章 家族―死と喪失
  • 3章 夏の夜―孤独と憂鬱
  • 4章 魂の叫び―不安と絶望
  • 5章 接吻、吸血鬼、マドンナ
  • 6章 男と女―愛、嫉妬、別れ
  • 7章 肖像画
  • 8章 躍動する風景
  • 9章 画家の晩年
  • ムンクの「叫び」について
  • ムンクを知る
  • ムンクの足跡をたどる旅
  • オスロ市立ムンク美術館について
  • エドヴァルド・ムンク年譜/主要参考文献/出品作品リスト

《マドンナ》《神秘の浜辺》《浜辺にいる二人の女》《病める子 I》《吸血鬼 II》《ブローチ、エヴァ・ムドッチ》《接吻》の7タイトル。

展覧会情報

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

10,800円以上のご注文で送料無料

すべての商品を見る