• NEW
商品コード:
4589919807260

かまどさん電気

販売価格:
86,184 円(税込み)

新米が出そろった。おいしく炊くには?
選ぶなら、人気土鍋「かまどさん」が炊飯器になった本品を。

 

 指名買いして食べ分ける人も増えているほどブランド米が活況の中、おいしく炊くツールにもこだわりたい。10万円超までの中・高級炊飯器がここ数年のトレンドですが、2018年発売の機種の中で最も注目すべきが、このかまどさん電気です。ごはんをおいしく炊けると大人気の土釜「かまどさん」が、電気炊飯器になりました。

 三重県の古陶のひとつ、伊賀焼で1832年から続く窯元・長谷園でかまどさんは作られています。火の通りをよくするための薄い鍋底の炊飯鍋とは逆の発想で、蓄熱性の高さを利用すべく、鍋底を厚くすることで米にじっくりと火を通します。また伊賀焼特有の耐火粘土は「呼吸する土」と言われ、無数の微細な気孔が特長で、この穴が木のおひつのように余分な水分を吸い、時間が経つとしだいに放出。ごはんにとって理想的な環境を作り出します。これが「おいしく炊ける」と評判の理由。

 この特性を生かし家電メーカーのシロカが、ガス火で炊くような強力な火力を再現したのが本品です。約4年という長い開発期間を経て、永谷園7代目当主・長谷優磁氏に「私の人生の集大成」と太鼓判を押させた味を、ぜひお楽しみください。炊き上がりの食感、甘さはもちろん、冷めてもおいしいのには驚きます。

 火を使うのが心配な高齢世帯でも、安心してかまどさんのごはんを再現できます。白米で3合焚きまで。予約炊飯、玄米やおかゆの炊き上がり設定可。内釜だけを取り出せば、食卓でおひつ代わりに。保温機能がないことだけは、目をつぶってください。とはいえ厚い土鍋が蓄熱するので、想像以上にあたたかさが持続します。

商品仕様

  • ■サイズ:幅約30×奥行き約30×高さ約26.1cm
  • ■重さ:約7.6kg
  • ■容量:(白米)1~3合(玄米)1~2合
  • ■消費電力:1300W
  • ■操作方法:タッチパネル式
  • ■機能:予約あり、保温なし、仕上がり選択可(「炊飯」「おかゆ」「おこげ」でかたさの選択)
  • ■レシピブック、しゃもじ、しゃもじ置き、計量カップ(米用と水用の2種)、手ぬぐい、鍋敷き
  • ■日本製

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

10,800円以上のご注文で送料無料

すべての商品を見る