• NEW
商品コード:
1010182201010

224porcelain 珈琲自家焙煎ロースター

販売価格:
9,720 円(税込み)
珈琲豆にこだわる人にこそ、体験してもらいたいのが、自家焙煎です。豆の種類や飲み方に応じて、浅煎り/深煎りを変化させられるのも、珈琲通ならでは。


商品の届けは12月下旬の見込みです。追加生産の場合は、3週間ほどお届けにかかる場合があります。あらかじめご了承ください。


朝日新聞朝刊「そばに置きたい」で紹介されました。バナーをクリックすると記事を読むことができます。

珈琲にこだわる人にこそ試してもらいたい、自家焙煎の楽しみ
カフェタイムを始める前の時間も特別なものに

珈琲を飲む前に、およそ10~15分の時間かけて自分で焙煎する。新たなカフェタイムの提案です

珈琲好きのあなたに質問です。豆は「粉」で買いますか?「豆」で買いますか? この商品を愛用される方なら答えは「豆、それも生豆でお願いします」となるはずです。

珈琲豆にこだわる人にこそ、体験してもらいたいのが、自家焙煎です。豆の種類や飲み方に応じて、浅煎り/深煎りを変化させられるのも、珈琲通ならでは。

224 porcelainが提案する、ロースターは耐熱陶器で作られており、ガス火に直接かけることができます。シンプルな円形の容器に豆を入れ、木製のハンドルをはめて、火の上で焙煎します。焙煎時間はお好みによっても変わりますが、珈琲豆の香りが立ち上り、容器中央の開口部から焙煎具合を確かめて過ごす時間は、カフェタイムの前奏であり、楽しい時間帯です。

付属する木ハンドルは、取り外し可能で、焙煎が終わり熱くなった容器を持ち上げる際にも活躍します。シンプルなデザインながら、使い勝手を考えて作られています。

224 porcelainは、江戸時代に佐賀・鍋島藩の庇護を受け400年以上の歴史を持つ肥前吉田焼に近年誕生した新たな窯元です。長い歴史とその中で培ってきた技術を下地としながらも、新しいデザインとライフスタイルを提案しています。

自家焙煎ロースターの使い方

 

 

珈琲の焙煎方法

  • 1.生豆を準備する(100~150gを、必要に応じて選別や洗浄しておく)
  • 2.木ハンドルを装着せず、器を弱火で軽く予熱する
  • 3.一旦火を消し、上部の開口から生豆を入れ、ロースターの側面の差し込み口に木ハンドルをセットし、焙煎をはじめる
  • 4.焙煎のお好みに応じてで約10~15分)時間を計り、火加減を見ながら、左右にロースターを振って、豆が器の中で踊るようにゆすり続ける
  • 5.器上部中央の開口部から豆の色に注意し、焙煎具合を確かめる
  • 6.頃合いを見て、火を止め、ゆっくりと木ハンドルを本体から抜く
  • 7.木ハンドルの差し込み口から、焙煎した豆を注ぎ出すようにザルや網にあける
  • 熱が引くまで器をコンロの五徳の上で自然冷却する

 


使用上のご注意

  • 1.陶磁器の特性
  •  陶磁器の原材料である陶土や釉薬は、天然原料を使用しているため、特性上、若干のゆがみや表面に黒い粒状の点、釉薬のむらが出ることがありますが、素材の特性としてお楽しみください。

  • 2.取扱い上の注意
  • ・本製品は、個人焙煎を楽しむための器です。
  • ・焙煎の対象物が必ず理想的に仕上がる事を保証するものではありませんのでご了承ください。
  • ・本品はガス火専用になります。IHではご使用になれません。
  • ・耐熱陶土を使用しているため直火にかけることが可能ですが、加熱後の熱いうちに水につけるなど急冷させることは破損の原因となりますので、絶対に行わないでください。
  • ・木ハンドルは無垢の木材です。加熱される事を考慮し塗装は施されておりませんのでシミなどができる場合があります。
  • ※その他、取扱い詳細については、付属の取扱説明書をご確認ください。

商品仕様

  • サイズ:本体/直径15.5cm×高さ6cm、柄を含む全長32cm
  • カラー:ホワイト
  • 素材:本体/直火用耐熱陶器、ハンドル/木材
  • デザイン:807 DESIGN / 濱名 剛
  • 窯元: 224porcelain(辻与製陶所)

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

10,800円以上のご注文で送料無料

すべての商品を見る