• 会員割引対象外
  • NEW
商品コード:
1520191601010

特別展 法隆寺金堂壁画と百済観音

販売価格:
2,300 円(税込み)
東洋仏教絵画の至宝、法隆寺金堂壁画の最新資料決定版

新型コロナウイルスの影響により残念ながら展覧会は中止となりましたが、公式図録を販売いたします

東洋仏教絵画の至宝、法隆寺金堂壁画の最新資料決定版

 

 世界遺産・法隆寺。その西院伽藍の中心をなし、世界最古の木造建築である金堂には、およそ1300年前の飛鳥時代に描かれた壁画がありました。東洋仏教絵画の白眉と言われた貴重なこの壁画は、戦後間もない昭和24年(1949)の火災により大半が焼損してしまいました。2020年は、この火災を機に1950年に文化財保護法が制定されてから70年目の節目の年にあたります。新型コロナウイルスの影響で残念ながら展覧会は中止となりましたが、本図録において優れた壁画模写と、飛鳥時代の仏像の代表作である百済観音像ほかゆかりの仏像をご紹介、法隆寺金堂の美の世界を表すとともに、文化財を継承することの大切さを伝えます。

 図録では、焼損前の明治~昭和にかけて、桜井香雲(1840~1902)や鈴木空如(1873~1946)が描いた模写や、記録として撮影されたガラス原板のほか、焼損後に前田青邨(1885~1977)らによって描かれ、現在の金堂におさめられた再現壁画などをはじめ、金堂壁画に関する図版を充実して掲載。モノクログラビアや壁画配置図、各種論文もあわせて収録し、法隆寺金堂壁画を読み解く最新資料決定版です。

 幻の公開となってしまった百済観音像は、魅力的な微笑みや美しい指先にもクローズアップしてご紹介します。百済観音像の謎に迫るコラムや論文も読みごたえがあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カタログ内容

  • 2020年発行、214ページ、カラー150ページ/モノクロ64ページ、A4変形版
  •  
  •  

展覧会情報

  • 特別展 法隆寺金堂壁画と百済観音
  • 東京国立博物館 本館 特別4室・特別5室
  •  
  • 公式サイトはこちら

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

すべての商品を見る