商品コード:
1010143201010~1010143201040

なちや 漆器 自在椀(食洗機対応)

販売価格:
5,500 円(税込み)
  • 商品を選択:
数量:

100%純漆の和洋問わない自在なお椀

京都・大徳寺の近くに数寄屋造りの店舗を構える「なちや」は、純漆などの天然素材や伝統的な製法を極めながらも、モダンなデザインを追求し、食洗機など現代生活に合った新しい漆器を提案しているメーカーです。

ご紹介する「自在椀」はなちやオリジナルのシリーズで、内側は光沢のある漆黒、外側は「乱(みだれ)筋」をあしらい、艶を抑えた仕上げになっています。

国産のけやき材を極力薄く挽き、目止めした上に「純漆」だけで下塗りから上塗りまで5回重ねた木地呂(きじろ)塗りをほどこしているため、木目の美しさが際だち、かつ丈夫さも兼ね備えているのが特長です。

純漆を丹念に塗り込んだ本物の漆器は、陶器などにはない独特のぬくもりや艶、手触りがあります。本物の漆器は、陶器などのように簡単に割れたり欠けたりすることがなく、手洗いはもちろん、浸け置いても、食洗機にも対応可。毎日の暮らしに欠かせない、理想的な器といえるでしょう。

柔らかくシンプルなフォルムは、和洋の料理を問わず、自在にお使いいただけます。木の器は大変軽く、保温性が高いため、熱いものを入れても持ちやすく、あらゆる料理を引き立てます。朝日新聞SHOPでは、小椀から丼・麺鉢まで、4種類のサイズをご用意しました。料理が映える本物の漆器で、食卓を豊かに彩ってみてはいかがでしょうか。

◆本商品は、週刊朝日2014年7月4日号の連載「美意識ある生活」で紹介しています。


なちやオリジナル漆器の特長とは

天然漆100%なのに食洗機に対応できるのは?

なちやの漆は、厳選された100%天然の漆を、さらに純度よく、よりきめ細かく精製し、同社では「純漆」と呼んでいます。漆製造メーカー、顔料メーカー数社と共同により、京都工業試験場で開発されました。業界では「MR漆」と呼ばれています。もともとは寺社仏閣などの屋外用として開発されました。従来の漆では硬化しない低温・低湿の環境でも硬化し、漆にとって大敵である直射日光や極端な熱にも強いのが特長です。塗膜が硬いため傷がつきにくく、木肌への浸透性が高いため、ハガレにくく、美しい艶が保てるという特性を持ち合わせています。これらの特長は、漆の樹液を熱を加えずに、漆液(生漆)に含まれる余分な水分を飛ばし、成分を均一にする「クロメ」という工程があり、新精製法は特許登録されています。

なちやの漆器は、一切混ぜ物なしの「MR漆」だけで、下地から上塗りまでを手塗で5回も塗重ねて仕上げる製法のため、量産性が上がらず、一般のお椀に比べ少し割高です。しかし、食器洗い機が使える利便性のほか、キズやハガレにも格段に強く、末長くお使いいただける魅力があります。

乱(みだれ)筋という凹凸があり、持ちやすい形状です

積み重ねると美しく、収納場所にも困りません

撮影/外山亮一(スタジオ・テンフォー)


小椀、汁椀、大きめの汁椀・小丼、丼・麺鉢サイズをご用意

用途に合わせてお選びください

なちやの自在椀はサイズが豊富。料理のバリエーションに合わせてサイズをお選びいただけます。

付け合わせや、そばちょことしても使いやすいサイズです。コーヒー・紅茶・緑茶を入れても、アイスクリームなどデザート用にもぴったり。

一般的に使いやすい汁碗サイズです。味噌汁はもちろん、小盛りの飯椀としてや、カフェオレボウルなどにもお使いいただけます。

 

 

 

大きめの汁碗サイズは、豚汁やけんちん汁など具だくさんの味噌汁はもちろん、小さめの丼を入れてもなじみます。

大きめの丼サイズです。丼物や麺類はもちろん、サラダボールや煮物など、大勢で取り分けるときにも適した大きさです。

商品詳細

  • ★自在椀3.0(小椀サイズ)
  • 【サイズ】直径9㎝、高さ7.4㎝
  • ★自在椀3.7(汁椀サイズ)
  • 【サイズ】直径11.1㎝、高さ7.4㎝
  • ★自在椀4.5(大きめの汁椀・小丼サイズ)
  • 【サイズ】直径13.5㎝、高さ7.4㎝
  • ★自在椀6.0(丼・麺鉢サイズ)
  • 【サイズ】直径18㎝、高さ7.4㎝
  • 【素材】 天然木(けやき)、純漆塗装(木地呂仕上げ)
  • 【生産地】純国産
  • ※食洗機に対応しております
  • ※それぞれの商品名についている数字は「寸」(約3㎝)です

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

2019年10月1日より、送料700円から660円に値下げしました。

すべての商品を見る