商品コード:
1103090212010

【複製画】ルノワール/草原で花を摘む少女たち

販売価格:
94,000 円(税込み)
・お届けまでに、約3週間いただきます。お届け日はご指定いただけません。
・ギフトラッピング対象外の商品です。

ゴッホ、モネ、ドガ、ミレー… 西洋絵画の巨匠たちの複製画をお手元に

世界屈指の美の殿堂・ボストン美術館は、1870年に地元市民によって設立された、アメリカで最も古い美術館の1つです。数ある所蔵品の中でも、日本の浮世絵やフランス印象派絵画などが充実しています。特に印象派を代表する画家・モネのコレクションは、世界有数と言われています。

同美術館が誇るコレクションの中からよりすぐった西洋絵画の巨匠たちの名作が、高精細の複製画になりました。光と色彩に彩られた愛らしい女性や子どもたち、美しい自然を描いたルノワールやモネら巨匠たちの名画で、ご自宅を飾ってみませんか~


ルノワール/草原で花を摘む少女たち

Girls Picking Flowers in a Meadow
[ピエール=オーギュスト・ルノワール Pierre-Auguste Renoir(1841〜1919年)/制作年:1890年頃/油彩、カンヴァス/65.1 x 81 cm]

伝統的な春の寓意画にもたらされた同時代性

この作品は、ルノワールが1890年の夏に着想し、描いた油彩をジクレーにて復刻したものです。
やわらかな緑と薄黄色の流れるような筆遣いで描写された草原のなかで、帽子を被った少女たちが花を摘んでいます。画面左の少女は、手に持つ摘み花に目を落とし、もう1人の少女は、木の枝に咲く花を摘もうと右手を伸ばしています。2人の少女たちの微笑ましい様子と淡い色彩が見事に調和し、画面は穏やかな幸福感で満たされています。

このような場面は、西洋絵画の伝統である春の寓意画にも通じる主題であり、18世紀のロココ絵画にみられる田園を舞台にしたアルカディア(牧歌的な楽園)風の画面を創り上げています。

しかしながら2人の少女が被るレースの帽子と後ろを折り返して青いリボンを通した帽子は、どちらもこの作品が制作された1890年頃に流行した少女用の帽子であり、ルノワールは牧歌的な場面を描きながらも、そこに最新流行のデザインの帽子を加えることによって近代性を表現しているのです。

この作品のモデルは、セーヌ河畔のメズィ滞在をともに過ごしたモリゾ(印象派展に参加した数少ない女流画家であり、ルノワールとは親しく交流していた)と、ウジェーヌ・マネの1人娘であるジュリー・マネと、モリゾの姉の娘で、ジュリーのいとこのジャニー・ゴビヤールであるとの説があります。


※モニターによって色味に違いが生じることがあります

※モニターによって色味に違いが生じることがあります

額イメージ

額イメージ

複製画仕様

  • 【技法】ジクレー
  • 【用紙】ドイツ製版画専用紙
  • 【画面寸法】(約)45×36cm
  • 【額寸法】(約)54×63cm
  • 【額重量】(約)3.2kg
  • 【額縁】木製額(金装飾すりだし仕上げ)、アクリル付
  • 【付属品】取付用フック

© All Photographs © 2010 Museum of Fine Arts, Boston.


ボストン美術館公認 認証シール付き

複製画はボストン美術館から特別許可を受けて制作され、すべての作品の裏と内箱にボストン美術館の認証シールが貼られています。

今回販売する作品はボストン美術館から提供された作品の詳細なデータを元に、熟練したオペレーターがコンピューターで分析し、細部まで原画と色を合わせて制作されたオンデマンドによる細密複製版画(ジクレー版画)です。

ジクレー技法〜高精細再現の秘密

この高精細複製画には、「ジクレー」という技法が使われています。ジクレーとは、フランス語で 『スプレー』 や 『吹き付け』 の意味で、いわゆる 『デジタル版画』 という最先端の版画技術です。

この技法には、従来の印刷に用いる4色をつなぐ 「中間色」 として8色が存在し、合計12色のインクでの色彩表現が可能になりました。これを更に 『大・中・小』 3種類の大きさの微粒子に細分化し、それぞれを複合的にかけ合わせることで、作品の凹凸感や、キャンパスの網目などの微妙なニュアンスを厳密に再現することができます。作者独自の 「色」 と 「タッチ」を最も忠実に再現するには、ジクレーが最適であると言われています。

検索条件

商品カテゴリーから選ぶ
商品名、キーワードで検索

2019年10月1日より、送料700円から660円に値下げしました。

すべての商品を見る